カードローン 郵送なし

総量規制対象外カードローンとは?

総量規制対象外のカードローンは、「年収の3分の1まで」という制限がないキャッシングのことです。
総量規制は、2010年6月18日に始まった、新しいカードローンのルールのことをいいます。
総量規制によって、必要としているお金が用意できないときは、総量規制対象外カードローンの利用も検討してみてください。

 

総量規制対象外カードローンとは?

 

総量規制の影響があるかどうかは、サービスを提供している会社が「銀行かどうか?」で判断します。
総量規制は、「貸金業者」を規制するもので、「銀行」を規制するものではないからです。
貸金業者は、消費者金融会社や信販会社、クレジット会社などをいいますが、銀行は含まれていませんので、必然的に総量規制対象外となるわけです。
自分の年収の3分の1超のお金が必要なときは、銀行カードローンを選ぶのが一つのポイントになります。

 

総量規制対象外カードローンで即日融資!

 

一般に「銀行カードローンは審査が遅い」と言われますが、最近では、消費者金融なみのスピーディーな審査が受けられるサービスもあります。
たとえば、三井住友銀行のカードローンでは、申込み完了から「最短30分」で審査が終了します。
三井住友銀行カードローンには、全国各地に設置されている無人契約機がありますので、申込み完了後、無人契約機でカードを受取ることで即日融資も可能となっています。
ただし、カードローンの申込みをインターネット以外の方法でしてしまうと、審査が翌日以降に回されてしまうので注意が必要です。

 

無利息がある総量規制対象外カードローン!

 

無利息サービスがある総量規制対象外は、新生銀行カードローンのレイクです。
新生銀行レイクでは、選べる2つの無利息期間が用意されていますので、カードローンの金利負担を最小限に抑えられます。
もともと金利が低い総量規制対象外は「審査が厳しいのでは?」と不安になりますが、新生銀行レイクならアルバイトやパートの方でも安心して申込めます。